Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/memedesigns/awable.org/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/memedesigns/awable.org/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/memedesigns/awable.org/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php:77) in /home/memedesigns/awable.org/public_html/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
女性未来農業創造研究会 https://awable.org 輝く農業を拓く Mon, 12 Mar 2018 06:32:16 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.18 83226582 都会の学校で、野菜づくりを通じ、生きる力を学ぶ。「ゴールデン・ブリッジ・スクール」の取り組みとその副次効果 https://awable.org/%e9%a3%9f%e8%82%b2/1 https://awable.org/%e9%a3%9f%e8%82%b2/1#respond Wed, 06 Jul 2016 07:27:00 +0000 http://awable.org/?p=120 画像 Bruce Tuten from Flickr

元記事

Nation’s first K-8 urban farm school teaches kids how to grow their own food

http://inhabitat.com/nations-first-urban-farm-school-teaches-kids-how-to-grow-their-own-food/

近年日本でもすっかり浸透してきた「食育」。保育所や学校の庭で野菜を育てたり、自分たちで食事の支度をしたり、最近は様々な場所・アイデアで実践されていますよね。そんな「食育」ですが、アメリカサンフランシスコでは、住宅街のど真ん中に、「食育」をはるかに超えた「農場学校」が実際に計画されているのだそうです。

その学校の名前は「ゴールデン・ブリッジ・スクール」。「エコロジーを理解し、自分の食べ物は自分で育てるとともに、栽培、調理、裁縫、木工といった生きる力を身につける」ことを教育方針としています。

計画中の新校舎の写真を見ると、まず目につくのは100%屋上緑化された校舎の屋根。校舎の高さはすべて2階建ての低層で、複数の棟に分かれているのが特徴的です。また、校舎の壁は広いガラス張りの窓になっていて、自然の太陽光が降り注ぎ、非常に明るくまた木材をふんだんに取り入れた温かみのある施設になっています。周りにある農園や遊び場もとても広い!

実際、子どもたちは、菜園で野菜を育て、有機的につながりあった菜園・教室・多目的ホールなどを活発に行き来し、仲間同士協力しながら学校生活を送るでしょう。まさに「生きる力」をはぐくむのに絶好の環境のように思えます。しかもこれが大都市サンフランシスコの真ん中にあるなんて!

さて、この新校舎、実は、この地域でかねてより問題となっていた洪水の対策にも一役買っているのだそうです。そのわけは、地下に貯水槽を設置して雨水をためておき、トイレや農園の水やりに使用することができるから。雨が降った時に、余分な雨水を貯水槽にためておけるという点で、洪水対策になるのです。また、当然ながら、菜園や遊び場は土の地面ですから雨水が地下に浸透しますし、エントランスなどにわずかにある舗装は透水性で、やはり雨水は地面にしみ込んでいきます。

もともと、「エコロジー」の一環として雨水の再利用や透水性の舗装を計画したと思われますが、結果として洪水対策にも役立つ取り組みとなりました。

日本国内では、近年、保育所の待機児童問題が深刻化し、新たな保育所等の整備が進められているところですが、「子供の声がうるさい」などと地域の反対に合い整備が遅れるケースもあるのだとか。雨水の再利用対策・水害対策というのはとても地味な取り組みのように思えますが、今回のケースでは、地域とWin-Winの関係を構築するための重要な存在となっています。そう考えると、こうした“地味な”取り組みが、“なくてはならない”存在になるのも、そう遠くないかもしれませんね。

「エコロジー」による副次効果。これから注目すべきトピックです。

 

 

 

]]>
https://awable.org/%e9%a3%9f%e8%82%b2/1/feed 0 120
700年前の技術で肥沃な土壌をつくる。そのシンプルな方法がもたらす地球規模のメリットとは? https://awable.org/agriculture/8 https://awable.org/agriculture/8#respond Wed, 06 Jul 2016 02:05:16 +0000 http://awable.org/?p=87 元記事

This 700-Year-Old Farming Technique Can Make Super Fertile Soil

This 700-Year-Old Farming Technique Can Make Super Fertile Soil

農業技術は日進月歩。たゆまぬ進歩を続けています。しかし、その過程では、色々な回り道や後戻りがあるかもしれませんね。今回のご紹介するのは、700年前から西アフリカで行われていたやり方が、実は肥沃な土壌をつくるのに効果が高かったという研究成果です。

熱帯雨林というと何が思い浮かぶでしょう。密林、アマゾン、生物の宝庫、といった豊かな自然のイメージではないでしょうか。ところが、ひとたびその地下にある「土壌」に目を向けてみると、それはとても養分が少なく農業には全く適さないものなのだそうです。たくさんの生き物が住んでいるのになぜ?と思うかもしれませんね。昆虫、菌類、バクテリアといった生き物の死骸は、ふつう「分解」という過程を経て土壌の養分となるわけなのですが、熱帯雨林では、その生き物の数があまりにも多いため、死骸が分解される前に他の生き物に食べられてしまうのだそうです。それで、あの密林の下にある土壌は、赤土や黄色土といったやせた土地になっています。

このような熱帯雨林の土壌ですが、実は、ブラジルや西アフリカの一部地域には、非常に肥沃な黒土が点々とあることがこれまでに分かっていました。なぜ養分をたくさん含んだ土壌が生まれたのでしょうか。。。?その謎に迫る研究が米国の大学を中心に進められ、このたび研究成果が発表されました。それによると、答えはいたってシンプル。現地で昔から行われていた「木炭を土壌に混ぜる」という慣習がその要因なのだそうです。研究では、リベリアとガーナを対象に計177か所の調査が実施され、これらの地区では土壌の栄養分(有機炭素)が通常の2~3倍も含まれていることが明らかとなりました。

実は、「木炭を土壌に混ぜる」というのは、まさに現代の地球的課題に対し、一石二鳥となる可能性があるのだとか。一つめに、「木炭」をつくる過程では一般に「燃やす」のに比べて二酸化炭素の排出が少なく、「木炭」により炭素を土壌に戻すため、地球温暖化の抑制に効果があること、二つめに、地球規模での人口増加に対し、今後十分な食料を確保するためには、「木炭」というシンプルな方法による農業の強化が大変有効だと考えられることです。
ただし、木炭をつくるために新たに樹木を伐採したり、枯れ木を単に「燃やす」、焼き畑のようなやり方をしたのでは逆効果ですよね。簡易な木炭の生成技術についても今後研究が必要かもしれませんし、その効果が出るまでにどのくらいかかるのか?といった点も気になります。今後の道のりは長そうですが、「木炭」というシンプルな解決策ならではの活躍を期待したいですね。

Source:
<http://modernfarmer.com/2016/06/terra-preta/>
<http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-06/uos-7yw061616.php> ・・・上記記事の引用元

]]>
https://awable.org/agriculture/8/feed 0 87
女性のための持続可能な農業に関する国際会議があるそうです in Portland https://awable.org/women/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%81%aa%e8%be%b2%e6%a5%ad%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e3%81%8c https://awable.org/women/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%81%aa%e8%be%b2%e6%a5%ad%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e3%81%8c#respond Wed, 15 Jun 2016 08:13:09 +0000 http://awable.org/?p=12 元記事

Women in Sustainable Ag Conference Soliciting Workshop Proposals

http://blog.uvm.edu/wagn/2016/02/20/women-in-sustainable-ag-conference-soliciting-workshop-proposals/

今年で5回目になる、女性のための持続可能な農業に関する国際会議が2016年の11/30~12/2にポートランドにて開催されます。この会議で、参加者が更に学びのあるプログラムを体感できるようなワークショップが提案されているそうです。今年の会議のテーマは「回復力に対してコネクションを持つこと」だそうです。一体どういうことなのでしょうか?

この会議によって農家や教育者、技術面をサポートする人達や職や健康の分野で活躍するアクティビストの間に交流が生まれており、技術的なスキルやビジネススキルを向上させたり、女性の農業従事者や農業経営者の人口を増やすための政策を提言したりと、それぞれの交流が女性の自立自尊と農業の両方を向上させるための行動へと繋がっているそうです。

セッションは1回60分から90分程度を予定しており、様々な種類のセッションが予定されています。たとえばスピーカーが1人で行うセッションやプレゼンテーション、農家やサービス業従事者・アクティビストなどが参加するパネルディスカッションやテーブルごとに行うディスカッションなどのアイデアも出ています。もしかしたら自分の提言を修正するように言われたり、他の参加者と自分のワークショップを組み合わせるようなこともあるかも。単に聞き手として参加するのではなく、参加者ひとりひとりが能動的に参加することでよりアクティブな会議になりそうですね。

1つのセッションに対して25~40人が参加する予定で、プレゼンテーションやワークショップは以下の4段階に分けて行うそうです。

  1. 育てる

まずは、話し合うべき課題を洗い出します。ここでは現地での調査結果やすでに実践されているストラテジーなどの情報をシェアしていきます。

  1. 種を蒔く

成功し続けていく農場や地方産業を確立していくための構想を練るために、ワークショップを行います。参加者を巻き込めるようなインタラクティブで実践的な場になるそうですよ。ここで各参加者の経験値が活きてきます。良い結果を収穫するための、大事な種蒔きの時間です。

  1. 収穫する

農家からホワイトハウスへ、健康的な食糧システムや女性農業従事者がよりリーダーシップを発揮していくための提言を作成します。地方レベルでも国レベルでも影響力のある農家になるために、これまで育ててきたアイデアを更に発展させていきます。

  1. 繰り返す

作成した提言を提出する時です。持続可能な農業と女性に関する様々な提言が発表され、実行委員会の間で審議されます。全ての提言が可決されるとは限りません。自分のアイデアが腕試しされる時ですね。

プレゼンテーターとして参加すると、参加費が割引される特典もあるそうです。ぜひ積極的に参加してみませんか?
ウェブサイトはこちら http://2016wisa.org

]]>
https://awable.org/women/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%81%aa%e8%be%b2%e6%a5%ad%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e3%81%8c/feed 0 12
名前の裏にある物語。(米国におけるFarmer, Rancher, Grower…) https://awable.org/agriculture/%e5%90%8d%e5%89%8d%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%82%ef%bc%88%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8bfarmer-rancher-grower%ef%bc%89 https://awable.org/agriculture/%e5%90%8d%e5%89%8d%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%82%ef%bc%88%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8bfarmer-rancher-grower%ef%bc%89#respond Wed, 15 Jun 2016 07:28:46 +0000 http://awable.org/?p=8  

元記事

What’s in a Name? Farmer, Rancher, Grower…and more!

http://blog.uvm.edu/wagn/2015/10/09/whats-in-a-name-farmer-rancher-grower-and-more/

「いつになったら農家になれるのか?」

この質問をよく受けます。これはおそらく「いつから農家として税務申告をするべきか?」という事実、もしくは「いつになったら近隣コミュニティや親戚から一人前の農家として認められるのか?」という事ではなかろうかと思います。いずれにせよ、あなたが農家へなるための道に「正解」はありません。

言葉というものはとてつもない力を持っています。時に民の調和の為に利用され、そして時に戦争の為にも利用されるものです。歴史を振り返ると、その昔東側の農民と(彼らは田畑を耕しました)、西側の牧民(彼らは家畜を繁殖させていました)を分断する際の道具としても「言葉」はうまく利用されました。農業政策のなかでも幾度となく「勝ち組と負け組」というカテゴリを利用し、作らなくてもよいライバル関係を作り上げ紛争の原因になってきました。

米国北東部では「Farmer」という言葉は家畜を飼っている人のことを指すことが多いです。逆に野菜や果物や花卉、穀物を栽培する農家は「Grower」という言葉が使われます。他にも温室栽培や果樹園、ワイナリーや農業的観光業などのニッチな業種においてはその数だけまた表現方法が増えます。いずれも同じ農業業界です。さらに分類すると、「Organic(無農薬)」や「Sustainable(持続可能型)」、「Conventional(従来の農法)」など生産システムによってまた別な名称を使って分類します。これらの名称はいずれも農業業界を分断する物であり、一体化させるためではありません。

現在の統計によると、米国で農業(ここでいう農業とは農業および畜産業)に従事しているのは全人口の2%以下です。農業家(農民)として統計に載りたい全ての人を組み込み、市場に判断をゆだねるのも賢明かもしれません。

では以下の場合は?

・農家であるが、悪い業績のあった年にライフスタイルと事業について厳しい判断に迫られる必要がある。

・畜産農家なのに、最近自分でコントロールできない事柄が生産農家には多すぎると悟ったものの、やはり現状維持の道を選んだ。

・畑作農家として認められるには、自分の栽培する作物に対する品質の維持、新鮮で健康的な野菜かが重要でそれらが達成されていれば顧客に胸を張って「良い生産者を選びましたね!」と言える時だと思う。

・あなたは農家/畜産農家/畑作農家であり、周囲の人にそう呼ばれたときにその事実を誇りに思っている。

・心から農業が好きで、それ以外の職業は考えられない

・農家であり、そう呼ばれることを認めている。

農家/畜産農家/畑作農家の皆さん、ようこそ!あなたの人生の選択が今後100年悦びをもたらすものでありますように!

]]>
https://awable.org/agriculture/%e5%90%8d%e5%89%8d%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%82%ef%bc%88%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8bfarmer-rancher-grower%ef%bc%89/feed 0 8
人類の未来を決めるかもしれない「持続可能社会」、アムステルダム郊外で進行中。 https://awable.org/tech/%e4%ba%ba%e9%a1%9e%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%82%82%e3%81%97%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8c%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e7%a4%be%e4%bc%9a https://awable.org/tech/%e4%ba%ba%e9%a1%9e%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%82%82%e3%81%97%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8c%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e7%a4%be%e4%bc%9a#respond Wed, 15 Jun 2016 07:18:15 +0000 http://awable.org/?p=5 人類の未来を決めるかもしれない「持続可能社会」、アムステルダム郊外で進行中。

元記事

This eco-village is designed to be fully self-sufficient, from energy to food to waste

http://www.treehugger.com/culture/housing-development-designed-be-fully-self-sufficient-energy-food-waste.html

食料も、エネルギーも、あらゆるゴミまでもが持続可能なシステムのなかで循環する社会。そのネットワークが世界中に広がって…。ありえない空想でしょうか?

オランダ、アムステルダム郊外のアルメレという街で、RegenVillagesという企業が人類の未来を決めるかもしれないある壮大な構想の実現に取り組んでいます。それは地域内でのエネルギー生産(バイオガス、ソーラー、ジオサーマルなど)、集約的な食料生産(垂直農法、アクアポニックス、エアロポニックス、パーマカルチャー)さらに地域内で完結する廃棄物の再生システム、水とエネルギーの管理システムを統合させた地域を作るというもの。

これまで見られた移動手段の世界でのイノベーション-e-バイク、電動飛行機など-では、コスト削減や新たなインフラ整備の必要性など、新たな課題が浮上しています。また、2050年までに飲料水や、食料、エネルギーにはかつてない100億人もの需要が発生するという、急激な人口増大という問題に対する解決手段としてこの計画は注目されています。

持続可能なコミュニティー造りへの挑戦は、これが初めてというわけではありませんが、必要なテクノロジーのコスト削減や、持続可能な社会に必要な政策の充実など、今が社会の転換点に近づいていることもこの挑戦を後押ししています。この計画は、「エネルギーと食料を自給し、持続可能な社会を目指す世界中の人々を結びつける」ことにフォーカスすることで住宅開発の概念を再定義する可能性を持っています。

「我々は世界を視野に入れています。持続可能な地区を作り、これまでオーガニックフードやパーマカルチャーを行ってきた方法よりもより多くの食料や飲料水、クリーンエネルギーを生産でき、廃棄物の少ないこれらの農地に着目することで、住宅、不動産開発を再定義しようとしているのです。」とRegenVillageのCEOのJames Ehlichは語っています。

*訳者注

垂直農法は、 高層建築物の階層、及び高層の傾斜面を使用して垂直的に農作業、動物の育成を行う方法。-wikipediaより引用

アクアポニックスは、自然発生した微生物が魚の固形廃棄物を野菜の栄養素へと変える働きをすることにより、魚と野菜を同時に育てることができる再循環型エコシステム。ー日本アクアポニックスHPより引用

エアロポニックスは、水溶液を霧状にして植物の根に噴射して水分と酸素を同時に供給する方法。ー水耕栽培ナビHP http://www.suikou-saibai.net/blog/2015/07/17/191より引用

パーマカルチャーは、自然のエコシステムを参考にし、持続可能な建築や自己維持型の農業システムを取り入れ、社会や暮らしを変化させる総合的なデザイン科学概念。

]]>
https://awable.org/tech/%e4%ba%ba%e9%a1%9e%e3%81%ae%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%82%82%e3%81%97%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8c%e6%8c%81%e7%b6%9a%e5%8f%af%e8%83%bd%e7%a4%be%e4%bc%9a/feed 0 5